読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【※閲覧注意】現状にプレーに少しでも満足して、サッカーをしている人は見ないでください。

今から足はもちろん胸や頭、

すべてのパーツで飛んできたサッカーボールを

「ピタッ」と受け止めて、

 

自由自在にボールをコントロールする

トラップマスターの名をほしいままにしてきた

私のトラップテクニックを

全てをあなたに伝授しようと思うのですが…

 

「今すぐ教えて欲しいです!!!」

 

と言いたくなりませんか?

f:id:hyugajiminori0731:20170217184754j:plain

 

あなたにとって

とんでもなく良いチャンスが

目の前に転がっていますが

受け取りますか?

 

 

「はい、受け取りたいです!」

 

という方だけこの先

私のブログを三分間だけ

読み進めていってください。

 

 

「っていうか、チャンスってなんなの?

いいから早く教えて!!!!!」

 

と思う方もいらっしゃることでしょう。

 

 

全体練習が終わってから

居残り練習をしたり、

人以上に練習しなくても、

 

香川真司のような

思ったところにボールが

止められることができる

ファーストタッチを手に入れられる

 

ノウハウ10人限定

プレゼントいたします。

 

f:id:hyugajiminori0731:20170307174209j:plain

 

 

 

 

 

あなたのあちこちに飛んでいってしまう

ファーストタッチがたった1ヶ月で

 

自由自在に止められて

ボールを奪いにきた相手選手を

いとも簡単に交わせるようになる

 

メソッド「freely」を公開することが

決まりました。

 

 

 

これは私からのプレゼントなので

お金は一切かかりません。

 

 

あなただけのために用意させて

いただきました。

 

 

ぜひ受け取って欲しい

そんな思いを伝えるために

この記事を書かせていただきます。

 

 

 

 

>>>>>あなたがファーストタッチを自由自在に操れるようになる方法、「fleely」の受け取りはこちらから<<<<<

 

『そんな「fleely」の内容とは?』

f:id:hyugajiminori0731:20170304160707j:plain

 

1.常に自分が主導権を握るための

たった一つのマインドセット。

サッカーをする上で、相手と対峙する上で

もっとも重要な精神的な要素を書いています!

 

 

2.自分の身体の構造を知れば、

ファーストタッチの成功率は倍。

自分の身体がどういう風に動いてるかわかっていますか?

筋肉、骨の連動をざっくりでも理解しておくことが

ファーストタッチの成功率をぐんとあげることに繋がります。

 

 

3.ボールがどう動くか読むことができれば、

判断基準を設定できる。

自分がいくら思い通りに身体を動かせても

ボールの状態をわかることができなければ、

ファーストタッチが上手くいくことはありません。

 

 

4.イメージ通りに身体を動かすことが

ファーストタッチをイメージ通りに止める第一歩

身体をどのようにしたらイメージ通りに動くように

なるかを書いています!

 

 

5.さりげない呼吸にこそ

ファーストタッチのミソが隠されている

普段、無意識にしている呼吸。

そこも試合中に意識できるかできないかで

ファーストタッチの成功率が変わります。

 

 

6.いつ観るかを整理するだけで

ボールを奪いにきた相手を今の倍

かわせるようになります。

どこを観るかがわかれば、相手の状態を瞬時に

把握できるようになり、相手を交わせるように

なります。

そこを具体的に書いています。

 

7.どこを観るかを整理するだけで

ボールを奪いにきた相手をさらに今の倍

かわせるようになります。

どこを観るか整理するだけで

情報処理が早くなります。

 

8.首を振る以外に観る量を増やす秘訣あり

首を振る以外に観る量を

増やす術を書いてあります。

 

 

9.ボールを止める時にどこに力を

いれるべきところは?

足に注意がいきがちですが、

本当に意識するべきところを書いてあります。

 

 10.ボールを受ける前の動き方で

ミスをミスじゃなくすることができます。

相手のマークをはがせていたら、

こんな特典もあるかも・・・ 

 

という感じになってます。

 

 

 

 

「指導させていただいたチームの

選手たちでも目に見える結果が出ています。」

f:id:hyugajiminori0731:20170206004013j:plain

高校生に指導させていただく機会がありました。

その時にファーストタッチが苦手な選手がいました。

 

足があまり速くなくて、

ボールを扱うのが得意ではない選手でした。

 

ファーストタッチでもよく相手に奪われて

しまっていました。

 

しかし、そのノウハウを伝えたところ

 

ファーストタッチはその選手の「武器」になり、

ファーストタッチで相手選手をかわす機会が

圧倒的に増えていました。

 

そして、チーム内でもその選手にボールを

預ければ、大丈夫という信頼も得ることが

できました。

 

 

「前は、ボール来るとミスするかもって、

不安だったけど、今はどんなボールでもこい

っていう感じです。」

 

と話してもらうことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

『決意表明!!!』

f:id:hyugajiminori0731:20170222155522j:plain 

 

改めましてこんにちは。

サッカーコーチしています。ノリです。

 

今、サッカーのファーストタッチ

思うように止まらないという方、

相手にすぐ奪われてしまうという方。

必見です。

 

 

 

このメソッドは、他のやり方・方法で

思うような成果が出なかった人が、

 

周りの人に力を借りたりせずに、

簡単に実践することができ、

効果がすぐに見えてきます。

 

 

そんなレポートをプレゼントするのに

受け取らない方がもったいないですよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

『かつての私は・・・』

 f:id:hyugajiminori0731:20170206114042j:plain

 

少し私の昔話をしたいと思います。

 

 

高校三年の時にこそ

スタメンで夏の全国高校総体

出場することができたり、

その舞台でPKのキッカーを任されたり、

 

華やかな舞台でプレーすることができました。

 

 

 

しかし、高校一年の時には想像も

できないくらいの選手でした。

 

 

入学当初は、

 

誰もが簡単に止められるようなボールも、

思うようなところに

止められることができず、

すぐに相手にボールを奪われてしまっていました。

 

「ボール来るな!!!」

 

と本気で試合中に

心の中で叫んだこともあります。

 

また、私にボールが行くと

すぐに奪われてしまうので、

仲間からも責められることも多く、

 

二人組の練習の時には、

ペアを組んでる人が見つからず、

よく一人で余ってしまったり

していました。

f:id:hyugajiminori0731:20170222160145j:plain

この誰にも相手にされない環境。

誰も私のことを認めてくれない目線。

 

この孤独感は本当に辛かったです。

 

 

 

大好きで始めたはずの

サッカーが生活の中で一番の

ストレスの原因になり、

 

悔しくて、サッカーが嫌いになりそうで、

泣くこともありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校に入ってからそういう状況が

続いていました。

 

 

 

県内では上位に入って

当たり前という高校に

入ったというのもあり、

 

周りは技術的にはレベルが高く、

自分のところでミスが出て、

 

プレーが切れる。

周りの目も気になる。

ボールから逃げる。

いいプレーがでない。

 

そして

試合に出れない。

 

こんな悪循環に陥っていました。

f:id:hyugajiminori0731:20170222161540j:plain

 

 

 

 

 

『覚悟を持って強豪校に入学したのからには、、、』

f:id:hyugajiminori0731:20170227211613j:plain

この状況を打破するべく、

 

個人での練習や

仲間に手伝ってもらいながらも

 

とにかくボールを止める

ファーストタッチの部分を

徹底的に磨く努力をしました。

 

入学してから半年程度で、

その姿勢を評価してもらうことができ、

出場機会を与えてもらえたりすることもありました。

 

 

 

 

 

『自分にとっての頑張りは簡単には実らず、、、』

f:id:hyugajiminori0731:20170216122007j:plain

しかし、

半年地道に積み重ねてきたはずの

ファーストタッチは思ったところに

止められることはほとんどありませんでした。

 

 

「こんなんじゃ、

一生良くならないんじゃないか」

 

多少の変化はあったものの、

劇的にミスが減ることもなく、

不安と焦りで腐りかけていました。

 

 

そんな中、

私は、チームの中の

三つのチームの一番下のチームに

落とされてしまいました。

 

 

 

 

 

『思いもよらないところで突然の転機が、、、』

f:id:hyugajiminori0731:20170222164357j:plain

 

そこのチームを担当していたコーチに

指導してもらうことは初めてでした。

 

そのコーチがふと言った

ファーストタッチの方法。

 

その方法は、

私が地道に1年間続けてきても

成果が出なかったファーストタッチ

みるみるうちに良くしてくれました。

 

そして、

なんと1ヶ月で

思うような位置にボールが

止まりだしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

1年間やってきているのに

 すぐできるようになるわけがない」

f:id:hyugajiminori0731:20170222165940j:plain

そう思っていましたが

コーチの教えをきちんと守ることで、

それができるようになっていきました。

 

 

もちろん、そのファーストタッチ改善をするために

意識したことは誰でも出来ることではあるものの、

毎日その意識をし続ける大変さももちろんありました。

 

 

とはいえ1年近くボールを止める練習をしてきて、

成果が出なかったのに、

手段を選んでいる余裕なんてないし、、、

 

とにかくやってみようという感じでした。

 

 

 

その性格が功を奏し、

コーチの教え通りを意識していると

思ったところにボールを止められることが

格段に増え、

 

さらには

相手が私がもっているボールを奪いにきても

簡単にファーストタッチで交わせるように

なっていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「どうせあなただからできたんでしょ?」

f:id:hyugajiminori0731:20170214102620j:plain

 

そう思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし、こんな出会いが

みんなに当てはまることなのだと

気づかせてくれました。

 

高校3年の時に僕と同じように

ファーストタッチが思うように

止まらずに苦しんでいる

1年生の後輩がいました。

 

昔の自分に近いものを直感的に感じました。

これをみて黙っていられるわけがなく、

 

コーチから教わったやり方を

伝授したところ、、、

 

 

 

 

 

 

元々、ボールを持って

7割くらいの可能性でボールを失っていた

後輩がそれが半分以下に減少し、

 

ボールを奪いにくる相手選手を

交わすようなシーンも見られるように

なっていきました。

 

後輩は楽しくサッカーを

してくれるようになりました。

 

人に伝えることができて

それが少しでもその人の為になることって

こんなに嬉しいんだ。。。

 

そう感じました。

 

この後輩だけではありません。

f:id:hyugajiminori0731:20170228163032j:plain

 

 

 

 

 

 

少しでもファーストタッチに不安を抱えている

後輩を見つけては伝えることをしました。

 

みんなから、

「だいぶいい感覚になってきました」

とか

「自信持ってボールを呼び込めるようになりました」

 

このように話してもらえました。

正直、多少の自信を持つことができました。

 

 

 

 

 

 

 

少しでも同じようなことで

悩んでいる人の役に立ちたい。

 

そう思うようになりました。

 

 

そこで私は、

コーチに教わったやり方と

オリジナリティをプラスαしたものを

ノウハウ化しました。

 

 

これを実践することができれば、

あなたもファーストタッチが思うように

操ることができます。

 

 

 

 

 

『人数を限定しなければいけない理由とは・・・?』 

f:id:hyugajiminori0731:20170214100349j:plain 

 

ただ、一つ言わせてください。

これは中途半端な気持ちの人には

受け取ってほしくはありません。

 

 

・今までコツコツとトレーニングを

 重ねてきたけど、成果が出なくて、

 悔しい思いをしている。

 

・周りの仲間たちを見返してやりたい。

 

ファーストタッチを武器にしたい。

 

とにかく、気持ちの強い人にしか受け取ってほしくありません。

 

 

 

そして、そんな方々に対して責任を持って

サポートしたいと思っています。

 

動画などを送っていただければ、

より良い改善方法を提示することもします。

 

一人一人にそのように対応させていただくので、

正直私がサポートしていただけるのにも限界があります。

ということで限定10名とさせていただきました。

 

 

 

>>>>>あなたがファーストタッチを自由自在に操れるようになる方法、「fleely」の受け取りはこちらから<<<<<

 

 

このレポートは本来お金をいただこうと
思っていた物です。しかし、期間限定かつ
10人限定とさせていただきます。
お早めに受け取ることをオススメいたします。

 

 

『受け取り方法』


ステップ1:クリックをしてもらうと、
メールアドレス登録画面へ移行します。


ステップ2:そこにメールアドレスを入力し、
【確認画面へ進む】を押してください。


ステップ3:登録を確定してください。


ステップ4:3分以内に返信メールが届くので、
そのメールに書いてあるURLよりダウンロードください。



なお、このレポートを受け取って
くださった方のみに、
メールサポートの特典をつけさせて
いただきます!



相談や悩みを気軽に相談いただければ
幸い嬉しく思います。



その相談に見合った、
あなただけのレポートを作成させて
いただく場合もあります!



※もちろんそのメールアドレスは
 第三者に流出する事はないので
 ご安心ください。


 

このレポートはあなたの
人生を大きく左右するものでは
ないでしょうか。



受け取った時点で、
あなたは一歩を踏み出したことです。

 

f:id:hyugajiminori0731:20170214115327j:plain

思うようなところにボールを

止められなかったところから、

 

イメージ通りのところにボールを

自由自在に止められる方向に

向かい始めたということです。

 

 

ファーストタッチへの概念も

がっつり変えてしまいます。

 

 

固定概念は怖いもので、

今まで失敗してきたのは、

「こうしなきゃよくならない」などの

固定概念があるからです。

 

そんな概念は私が変えてみせます。

 

 

あなたは、すぐにボールを自由自在に

止めることができるようになります!

 

そして気がつけば、自分にとっての

武器になり、仲間からもファーストタッチ

一目置かれるようになります。

 

 

そのスピードは異常なものです。

f:id:hyugajiminori0731:20170301175108j:plain

 

しかし、一歩も踏み出さずに

そのままで立ち止まっていると、

 

先ほども言ったように

この先、あなたのファーストタッチが、

自由自在に操れるようになる可能性もありません。

 

 

今やらないということは、

いつまでたってもできるようにはならないのです。

 

 

 

人間は言い訳のプロです。

 

「今は忙しくて、、、」

 

「とりあえず、今まで通りのやり方で、、、」

 

どんなことでも

「でも、、、でも、、、」

 

こんなことを言いつづける人は

良い方向には傾きません。

 

むしろ、悪い方向に傾きます。

 

 

今までと同じように

ボールを思うようなところに止められず、

さらには試合中に、どう動けば良いかさえ

わからなくなってしまいます。

 

仲間からもフィールドの上で

どんどん信頼されなくなっていきます。

 

 

そんなの屈辱じゃないですか?

 

 

 

このレポートを受け取ってもらえれば、

そんなことには、ならないです。

 

 

 

※追伸

 

 『最後の最後にお願い』

f:id:hyugajiminori0731:20170214101553j:plain

 

 

あなたのあちこちに飛んでいってしまう

ファーストタッチがたった1ヶ月で

 

自由自在に止められて

ボールを奪いにきた相手選手を

いとも簡単に交わせるようになる

 

メソッド「freely」には

 

ファーストタッチに必要とされている

精神的な要素

身体的な要素

技術的な要素

 

がふんだんに盛り込まれています。

 

 

それを、受け取れるのが

限定10名だけです。

 

 

 

僕からの最後のお願いです。

 

切実なお願いです。



受け取ってください。
ここまでくれば受け取らずには
いられないはずです。



そして僕に感想を言っていただければ、
さらにあなたに見合った

トレーニング方法を考えさせていただきます。

 

 

 

 

僕という人に価値を感じてほしいです。



ではまたレポートの中でお会いしましょう。


 

>>>>>人生を大きく左右する極秘ファーストタッチトレーニングノウハウ、「fleely」の受け取りはこちらから<<<<<

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。