読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰でもできる〇〇を試合中にやれば、高いパフォーマンスを維持できます。

こんにちは。

 

サッカーコーチしています。ノリです。

 

試合中に始まったばかりなのに

息が上がって思うように動かない

なんて感じたことありませんか?

f:id:hyugajiminori0731:20170214122841j:plain

 

私も高校1年生の時が特にそうでした。

 

筋肉的に動かないというよりかは、

どこかこう、、、なんか動かない感じ。

 

ということが

少なくなったです。

 

 

そんな方も少なくないと思うので、

今回は、呼吸の重要性を

紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

『基本中の基本だけど、

忘れられがちな〇〇』

f:id:hyugajiminori0731:20170214154253j:plain

これを知らないでいると

 

疲れてもないのに

息が上がったり、

 

息が上がって身体が言うことを

きかなくなったり、

 

普通の状態であれば、

止められるようなボールでも

相手に奪われてしまったり、

 

なんてことになりかねません。

 

 

 

 

逆に知っていれば、

 

下手に疲れることもなく、

 

息が上がって

プレーのミスが増えるところが

減ったり、

 

ファーストタッチ

思ったところに置けて、

相手をバシバシ交わせるように

 

なったりします。

 

 

 

 

 

 

 

『集中すればするほど、

出来なくなってしまうあれです』

f:id:hyugajiminori0731:20170214164046j:plain

「深呼吸」

これが非常に大事です。

「なんだそんなことか!」

 

と読むのをやめてしまっては

もったいないですよ!

 

深呼吸は、心肺運動の

改善してくれるのと同時に

 

筋肉の緊張をほぐしたり、

 

精神状態を緊張状態から

リラックス状態に持って行けたり

 

いいことだらけなんです。

 

 

 

また、肩の上下前後の動きと

連動させることで

肩甲骨周辺の筋肉が

使えるようになり、

 

その筋肉と連動している

腸腰筋も刺激されて

下半身の動きを

よくすることもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『一度、ふと我に返る冷静さが必要』

f:id:hyugajiminori0731:20170214163633j:plain

 

プレーが切れる瞬間が

サッカーは必ずあります。

 

その時に、画像のように

大きく腕を広げて、

 

広げた時→息を吸う

戻した時→息を吐く

 

 

集中すればするだけ、

できなくなってしまう傾向に

あるので、そこだけ気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださった

あなたに今すぐ

やってもらいたいことがあります。

 

目を閉じて、

深呼吸をしてみてください。

 

目を閉じることで

心拍が落ち着いていくのを

感じれましたか?

 

 

これを忘れなければ、

ファーストタッチで相手を

バシバシ交わせるように

なります。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。