上半身の〇〇こそがボールを止めるのに最重要

こんにちは。

 

サッカーコーチしています。ノリです。

 

 

クッションみたいに

来たボールを止めたいけど

 

自分の足がコンクリート

感じるくらいボールの勢いを吸収できない。

 

そう感じた方少なくないと思います。

f:id:hyugajiminori0731:20170214105706j:plain

そんなあなたに

肩の力を抜く

重要性について

紹介します。

 

 

 

 

 

『ボールを止めるには剛?柔?』

f:id:hyugajiminori0731:20170214115327j:plain

これを知らないでいると

 

速度が速いボールに対しての

止める力が明らかに弱かったり、

 

速度が速いボールが来ただけで

怯えてしまったり、

 

速度が速いボールが来るたびに

相手にボールを奪われてしまったり、

 

 

なんてことになります。

 

 

 

逆にこれを知ることができれば、

 

速いボールが飛んで来ても

きちんと思い通りのところに

ボールが止められたり、

 

どんなに速いボールが飛んで来ても

止めることができる自信が身についたり、

 

速いボールが飛んで来ても

ファーストタッチ

相手をバシバシ交わすことができる

 

ようになります。

 

 

 

 

 

 

『崩れ降りそうなくらい一度脱力』

f:id:hyugajiminori0731:20170214112834j:plain

肩の力を抜いた時に

足の可動域が広がっていることを

自分が感じれているかどうかを

確かめてみてください。

 

 

 

 

身体の構造的なことをざっくり言うと

 

肩の力を抜くことで

肩甲骨周りの筋肉が緩み、

 

腸腰筋と呼ばれる腰から

足の付け根にかけて伸びている

筋肉が柔軟になります。

 

それは、腸腰筋と肩甲骨周りの

筋肉が連動しているから、である。

 

 

こんな感じですが、

それ以上に感覚を大事にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『上半身の柔らかさを作るためにはこれ!』

 

f:id:hyugajiminori0731:20170214114153j:plain

肩を上下させてみてください。

 

練習前であれば、

脱力しながら、ジャンプして

全身の力を抜いていってください。

 

そうすることで、

自然と肩甲骨周りの筋肉は緩み

足の可動域が広がっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで読んでくださった

あなたに今すぐ

やってもらいたいことがあります。

 

 

肩の上下運動を繰り返してみてください。

 

 

 

 

 

 

これを忘れなければ、

あなたは

ファーストタッチ

相手をバシバシ交わせるようになります。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。