読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボールが自分に届くまでに何人目の相手まで観えていますか?2人目まで観えるだけで選択肢が2倍に増えます。

こんにちは。

 

サッカーコーチしています。ノリです。

 

 

サッカーをしているときに

遠くを観ようとすることの

重要性を紹介します。

 

 

ファーストタッチ

一人目の相手の選手は交わせたけど、

二人目にすぐ奪われてしまうこと

多くないですか?

 

f:id:hyugajiminori0731:20170205150335j:plain

 

その原因の一つとして、

「遠くを観ようとすることが

できていないこと」

が挙げられます。

 

具体的に遠くとは、

僕は、30m先のことと

考えています。

 

サッカーコートでいうと

 

横の距離感で

サイドラインから中央のエリアまで

 

縦の距離感で

ハーフラインから、

ペナルティーエリアまで

 

というイメージです。

 

 

 

これを知らないと

どんなに思い通りの

ファーストタッチ

できても

 

ボールを奪いにくる二人目の

相手選手にボールを

奪われたりしてしまったり、

 

ボールを奪いに来ている

一人目の相手選手を

交わす選択肢しかなかったり、

 

自分の姿勢が

悪くなったり、

 

なんてことになります。

 

 

 

逆に遠くを観ようとするだけで、

 

思い通りのファーストタッチ

ボールを奪いにくる二人目の選手も

交わせるようになったり、

 

ボールを奪いにくる

一人目の選手は交わせそうだけど

二人目の選手に奪われてしまいそうだ

 

違う選択肢を持てたり、

 

姿勢が良くなったり

 

します。

 

 

 

 

 

 

 

 

『遠くを観ようとするために

何をしたら良いか?』

f:id:hyugajiminori0731:20170205161100j:plain

 

まずは、私生活の時から

何かを観ようとしたときに

手前のモノではなく、

その一つ奥を観るようにしましょう。

 

 

ぼんやり観える状態に慣れると

ぼんやりしてても、

相手がどう動こうとしているのか

 

感じながら

プレーできるようになります。

 

 

ただ、身の危険があるときには、

注意してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

『どうやったら、

一つ奥を観れるようになるか?』

 

f:id:hyugajiminori0731:20170205162937j:plain

 

まずは、

日頃から背筋を伸ばして、

姿勢をよくすること

意識してみましょう。

 

一日中それを意識するのが難しかったら

時間を決めて、それを意識するように

しても良いです。

 

やるときは徹底的に

意識するようにしてください。

 

 

 

ここまで読んでくださった

あなたに今すぐ

やってもらいたいことがあります。

 

 

今、視野の中にある一番遠くに

あるものを観てみてください。

手前はぼんやり観えましたか?

 

これで、

選択肢を多く持って

ファーストタッチができるように

なります。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。