読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足の関節の柔軟性を知るだけで、思ったところにファーストタッチを止めれる回数は2倍になります.

こんにちは。

 

サッカーコーチしています。ノリです。

 

 

ファーストタッチの時の

足の角度の重要性について

紹介します。

 

 

サッカーをしているときに、

自分がファーストタッチ

 

止めようとイメージしていた

方向とは違う方向に

飛んでいってしまうこと

多くないですか?

 

f:id:hyugajiminori0731:20170205140103j:plain

 

その原因は、

自分の足がどのくらいの

角度まで広がるか

分かってないこと

 

と関係しています。

 

 

 

これを知らないでいると

どんなにファーストタッチ

練習をしても、

改善されなかったり、

 

逆に練習しすぎて

怪我に繋がったり、

 

 

自分のイメージ通りの

ファーストタッチ

止めれなかったり、

 

なんてことになります。

 

 

 

 

自分の足がどのくらいの角度まで

ひらくかわかれば、

 

多くの時間を費やして

ファーストタッチ

練習をしなくても、

ファーストタッチの改善ができたり、

 

身体に無理のない

ファーストタッチ

するようになって

怪我の確率を下げられたり、

 

自分の思い通りの

ファーストタッチ

止められるように

なります。

 

 

 

 

 

 

『自分のイメージした方向に

ファーストタッチができるようになるために』

f:id:hyugajiminori0731:20170205142139j:plain

 

転がってくるボールに対しての

足の角度を

調整できるようになりましょう。

 

最初はボールを使わないところから

始めることで、

基礎となる動作が身につくので

土台がしっかりしますよ。

 

また、

転がってくるボールの

回転やスピードに

よっても、

 

適切な足の角度というのは

変わってくるので、

気を付けましょう。

 

 

 

 

 

 

『どのようにすれば足の角度を

調整できるようになるか?』

f:id:hyugajiminori0731:20170205143212j:plain

まずは、ステップワークの

練習で足の角度を調整できるように

なりましょう。

 

ハシゴ状のラダーと呼ばれる道具を使ったり、

グランドに線を描いてそれに合わせて

足の角度を意識して

足を動かすことが重要になります。

 

 

 

 

 

ここまで読んでくださった

あなたに今すぐやってもらいたいことが

あります。

 

f:id:hyugajiminori0731:20170205143942j:plain

 

このように平らなところにかかとを

つけて、つま先がどこまで広がるか

試してみてください。

 

それがあなたの

足の柔軟性を示す

一つの材料です。

 

 

これを忘れなければ、

イメージ通りの方向に

ファーストタッチ

止められます。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。