読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バウンドボールを止めれるようになりたかったら、まずは身体の動きを調整できるようになってから!

 

こんにちは。

 

バウンドして転がって来た

ボールを止める時に必要な

足の高さを調整について

紹介していきます

 

 

サッカーコーチのノリです。

 

サッカーをしていて

バウンドして転がって来た

ボールを止める

 

ファーストタッチをしようとした時に、

高さを合わせようとした足の下を

通り抜けてしまった。

 

経験されたことはありませんか?

 

f:id:hyugajiminori0731:20170204175219j:plain

その原因は自分の頭の中でイメージ

している身体の動きと

実際の動きが違っている

関係があります。

 

 

これを知らないと、

いろんなボールに対応できるように

自分で練習しても

 

バウンドしてきたボールを

思ったところに止められない。

 

なんてことになります。

 

身体をイメージに近い動きができれば、

ファーストタッチで足の下を

通り抜けることはなくなり、

 

バウンドしてきたボールでも、

ファーストタッチ

思うようなところに

止められるようになります。

 

f:id:hyugajiminori0731:20170204180225j:plain

 

 

 

『ボールを止める時に必要な

足の高さを調整』

 

 

足の高さを調整するのに重要なのは

自分のイメージと動きの擦り合わせです。

 

 

そのイメージを擦り合わせないことには、

いくら、バウンドしてきたボールを止める

練習をしても、おそらく試合では使えない

ファーストタッチになってしまうでしょう。

 

 

 

ボールを扱うことだけに

意識する時間を割いてしまっていたら

気をつけましょう。

 

 

 f:id:hyugajiminori0731:20170204202520j:plain

 

 

 

『どうやる?』

 

 

ボールを扱う以外のところで

毎日の生活の中で

自分の動きのイメージができるところを

イメージして、

 

それが実際の自分の動きとの誤差があるを

感じて、試していくことをしていくことが

必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで、読んでくださったあなたに

やってもらいたいことがあります。

 

 

 

今から自分の足を何センチあげるか

イメージして、上げてみてください。

 

 

自分のイメージの動きと

実際の動きの誤差を

減らせれば

減らせただけ

 

ファーストタッチが思ったところに

止めることができるようになります。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。