読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファーストタッチを言う前にまず、ボールの速度をわかってから。

こんにちは!

 

サッカーコーチしています。ノリです。

 

今回はボールの速度を把握する力

について説明したいと思います。

 

 

 

 f:id:hyugajiminori0731:20170204164249j:plain

 

強いパスが飛んできて、

ボールを捉えきれず、

ファーストタッチ

自分の足元に収まりきらなかった。

 

 

そんな経験ありませんか?

 

 

それは、ボールの速度を認識する力が

関係しています。

 

 

 

 

 

これを知らないでいると

自主練でとにかく練習しているけど、

ボールが思ったところに止められない。

 

 

なんてことになりますよ。

 

 

 

f:id:hyugajiminori0731:20170204163702j:plain

 

 

 

 ボールの速度を認識する力をつければ

ボールに対する柔らかさが作れて

 

 

強いパスが来ても、

思ったところに

ファーストタッチ

置けるようになります。

 

 

 

 

ボールを使わなくても、

ボールの速度を認識する力は

身につけるために

 

まず

 

自分の頭の中で二極化して

メーターを作ります。

 

 

遅いが0%

速いが100%

 

 

ファーストタッチが思ったところに

置けない原因の一つとして、

速いと気付く前にボールが

到達してしまうことがあります。

 

f:id:hyugajiminori0731:20170204164156j:plain

 

 

どうやったらできるか?

 

 

私生活のところから、

動くものを二極化して見るように

意識しましょう。

 

 

全部が全部やろうとすると

疲れてしまうので、

午前中だけと時間を設定するも良いです。

 

 

ただ、それだけにとどめてしまっては

勿体無いので、その癖をつけていって

自然とトレーニングの途中にも

その二極化を意識するようにしましょう。

 

 

 

 

 

f:id:hyugajiminori0731:20170204164617j:plain

 

 

ここまで読んでくださったあなたに

今すぐやってもらいたいことが

あります。

 

 

 

何か動くものがあったら

それの動きとして

速いのか

遅いのか

 

を頭の中で整理してみてください。

 

0なのか

100なのか。

 

これがわかるようになっていけば

試合中の

ボールの速度を認識する力が

身につきます。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。