観る4つのポイントさえ気をつければ、たくさん観ようとする必要なし。

こんにちは。

 

サッカーコーチをしています。ノリです。

 

試合中に

「もっと観ろ!」

中学生の時に

言われて、

f:id:hyugajiminori0731:20170206030952j:plain

 

 

「俺だって観たいけど

結局、何を観ればいいんだよ」

ってイラついていたことがあります。

 

そんな人が少なくないと思いますので、、、 

 

サッカーをしていて

観なければいけないのは

分かっているけど、

 

何を観れば良いかわからず、

ファーストタッチ

どこに止めれば良いか

 

わからない人に

 

 

今回は観るポイント

(何を観ておくべきか)

を書きます。

 

 

 

 

 

『コートの中には何がありますか? 』

f:id:hyugajiminori0731:20170206025159p:plain

 

これを知らないと

 

観ようという意識だけ

先行して、

結局何も観れなかったり、

 

何か一つだけ観ようとしてしまって

肝心な要素を観れなかったり、

 

そして

ファーストタッチでイメージ通りに

止められても、

相手に奪われてしまった

 

 

なんてことになります。

 

 

逆に知っておくだけで、

 

頭の中でどこを観るのか

整理されているので

 

一瞬顔を上げるだけで

たくさんの情報を集められたり、

 

その情報は何かに

偏ることもなくなり

 

ファーストタッチをどこに

止めることが適切か分かるようになり、

相手をバシバシ交わせるように

なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『観るべきポイントは4つ』

 

f:id:hyugajiminori0731:20170206031058j:plain

 

 ・ゴール

・味方選手

・相手選手

・スペース

 

これだけでいいんです!

 

 

 

 

 

 

 

『段階的に一歩ずつ』

f:id:hyugajiminori0731:20170206031835j:plain

 

一気に全てを観れるようになるなら

誰も苦労はしません。

 

そこでまずどこから観る意識を持っていくか?

 

 

1.ゴール

2.スペース

3.味方選手

4.相手選手

 

この順番で観ていくように

すれば観れるようになっていきます。

 

 

 

なぜか?

 

遠くのものから観ようと

することで自然と、

手前にあるものが

観れるようになっていくからです。

 

 

そして

スペース→味方→相手

という順番になるのは、

 

自分たちのチームがボールを

持っているときは、

 

スペースに対して

 

味方が動き

 

それに合わせて

相手が守備をしてくるので

 

こういう順番になるからです。

 

 

 

 

 

 

ここまで読んでくださった

あなたに今すぐに

やってもらいたいことがあります。

 

 

今いる環境の

一番遠くにある目標物を

一瞬だけ観てみてください。

 

 

 

これを忘れなければ、

観るべきポイントを

瞬時に観ることができ

 

ファーストタッチ

相手をバシバシ交わすことが

できるようになります。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

試合中ボールを触っている時間はたった2分。ボールを扱う以上に大切なこと。

こんにちは。

 

サッカーコーチしています。ノリです。

 

 

今回は、状況を把握する力

重要性について

書きます。

f:id:hyugajiminori0731:20170206004013j:plain

 

 

自分にボールが飛んでくると

予測していない時にボールが

飛んで来てミスをした

 

こんな経験ありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

『ボールを扱う以上に大事な要素!?』

 

f:id:hyugajiminori0731:20170206004235j:plain

 

これを知らないと

 

どこにボールを止れば

ベストなのかわからず、

あたふたしてしまったり、

 

ファーストタッチはイメージ通りなのに

ボールは相手に奪われてしまったり、

 

自分の攻撃方向にファーストタッチを止めれる

ところ(スペース)があっても、

後ろ向きでファーストタッチを止めてしまったり

 

ということになりかねません。

 

 

 

逆にこれを知っておくだけで、

 

ファーストタッチを止めるべき

適切なところ(スペース)

がわかって

 

相手に奪われることなく、

 

ファーストタッチ

相手をバシバシ交わせるように

なります。

 

 

 

 

 

 

 

『そうなるための最重要ポイントとは?』

f:id:hyugajiminori0731:20170206010113j:plain

 

それは、

 

ボールの動く流れを

予測しておくことです。

 

 

 

ボールの流れを予測できれば、

 

どのタイミングで自分のところに

ボールが来そうかわかり、

 

ボールが来るタイミングが

わかれば、

 

相手が自分のボールを

狙いにくるタイミングも

わかり、

 

相手がボールを狙いに来る

タイミングがわかれば

 

スペースができるタイミングもわかる

 

こういう仕組みになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『単純なことで、身につきます。』

f:id:hyugajiminori0731:20170206011358j:plain

 

まず、

1.一試合通して、サッカーの試合を

観てみてください。

それを5試合分観てみてください。

(できれば自分と同じ年代の試合)

 

観ておくべきポイントは、

ボールの動く流れです。

 

例)フォワードの選手からは、

  どのポジションの選手が

  パスを受けることが多いか

  や

 

  どの向きにパスされることが

  多いか

  など

 

  です。

 

  

2.自分のチームでは、どういう風に

ボールが動くことが多いか

検証してみてください。

 

 

観て→試す

これだけです。

 

それが理解できれば、

自分のチームの

状況をすぐに把握することが

できます。

 

 

 

ここまで読んでくださった

あなたに今すぐ

やってもらいたいことがあります。

 

今このブログを見てくださっている

機器を使って、サッカーの動画を

観てみてください。

 

 

これを忘れなければ、

瞬時に状況を把握することが

できるようになり、

 

ファーストタッチでバシバシ

ボールを奪いにきた相手を

交わせるようになります。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

1つのことを意識するだけで、観える世界が変わります!

 

こんにちは。

 

サッカーコーチしています。ノリです。

 

 

今回は、

動きながらの視野を安定させる

方法を紹介します。

 

 

 

 

自分が動いてない状況であれば、

飛んで来たボールを

 

どこにファーストタッチで止めれば

良いかわかって

思ったところに止めれるのに、

 

 

自分が動いた状態になってしまうと、

飛んで来たボールを

 

どこにファーストタッチを止めれば良いかも

わからないし、

 

思ったところに止めることができない。

 

こんな経験したことありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

『ボールを扱ってる時の自分の状態は

どんな時が多いですか?』

f:id:hyugajiminori0731:20170205202932j:plain

 

これを知らないでいると

 

動いていたら、周りの状況が見えなかったり、

 

自分がファーストタッチしようとする前に

相手にボールを奪われてしまったり、

 

相手からやりやすい相手だと

思われたり

 

します。

 

 

 

逆に知っていれば、

 

動いていても、止まっている時同様に

周りの状況が見えたり、

 

ファーストタッチ

ちょっとずれてしまっても、

相手に奪われなかったり、

 

相手にとってやりにくい選手だ

 

と思われます。

 

 

 

 

 

 

 

『視野の安定のコツは一つ』

f:id:hyugajiminori0731:20170204164156j:plain

 

動いている時に、

一つのところを見ようするのではなく、

ぼんやりと全体をみるように

意識してみてください。

 

何かを観ようとするわけ

じゃないので

 

動きながらの視野の

ブレがそこまで

嫌じゃなくなるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『視野を安定させるため

明日からできる

たった一つのポイント』

f:id:hyugajiminori0731:20170205205137j:plain

 

何かを見ようとすることを

意識的にやめて、

全体的にぼんやりさせてみてください。

 

これをするのは、

練習中だけじゃなくてもできるので

やってみてください。

 

いろんな

情報が入ってくるのを

感じれたらGOODです。

 

 

 

 

ここまで読んでくださった、

あなたに今すぐ

やってもらいたいことがあります。

 

今、集中してみているものから、

目線を外して、

全体的にぼんやり観てみて

ください。

 

 

これを忘れなければ、

動いている状況での視野の

ブレが嫌じゃなくなり、

周りが観えるようになります。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

止めずらそうなボール大歓迎になるためのマインドの作り方!

 

こんにちは。

 

サッカーコーチしています。ノリです。

 

 

今回はどんなボールが飛んで来ても

余裕を持てるようになる方法

紹介します。

 

 

ライナー性のボールや、

不規則に弾んでくるボールが

飛んで来たら、

 

精神的に

嫌だなと感じたり

慌ててしまう

 

経験ありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

『マインドを変えるために知る一つのこと。』

 

f:id:hyugajiminori0731:20170205193239j:plain

 

これを知らなければ、

あなたは

多少の変化があるボールが飛んで来ただけで

慌てふためいたり

 

ミス連発で、

仲間から責められて落ち込んだり

 

ボールが飛んで来て欲しくない、

 

なんてことになります。

 

 

逆に知ることができれば、

 

どんな不規則な動きをしたボールも

慌てることなく対応でたり

 

ミスをしても仲間に対して

理解を求めることができたり、

 

ボールを要求できたり

 

します。

 

 

 

 

 

 

 

『そのマインドは、

今日からでも手に入れることできます』

 

f:id:hyugajiminori0731:20170205194455j:plain

 

まず、そのために必要なこと

「自分の技量を知りましょう」

 

飛んで来たボールが

自分には、止められそうか

止められなさそうか

 

これがわかれば、大丈夫です。

慌てません。

いろんな準備ができるからです。

 

 

ミスした後のこと。

仲間とのコミュニケーション。

 

「こういうボールは苦手だから

なるべく出さないで」

とか・・・

 

 

そしていろんな状況が

イメージできているので

心に余裕ができます。

 

 

 

 

 

 

 

『自分のこと以外に一つ注意すべきこと』

f:id:hyugajiminori0731:20170205195748j:plain

 

飛んでくるボールの性質を見分けることを

意識してみましょう。

 

回転、スピード、高さ

 

これらを認識できれば、

自分がミスしてしまうのかが

わかります。

 

 

 

ここまで読んでくだっさ

あなたに今すぐ

やってもらいたいことがあります。

 

 

近くに動いているものがあれば、

それの性質を見て

自分で扱えるか判断してみてください。

 

 

これを忘れなければ、

どんなボールが来ても

余裕を持って対応できるように

なりますよ。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

ボールの回転を見分けるのために見とくべきポイントはたった一つ!?

 

こんにちは。

 

サッカーコーチしています。ノリです。

 

今回は、

ボールの回転を把握する力の重要性に

ついて紹介します。

 

 

 

自分が予想していなかった方向に

ボールが転がっていって

ミスになった経験ありませんか?

 

 

 

 

 

『ボールの行く先を

予測することができるだけてこんなに

良いことがあります。』

f:id:hyugajiminori0731:20170205181644j:plain

 

これを知らないでいると

ファーストタッチをする以前に

予測とは違う方向に飛んでいき

ボールに触れられなかったり、

 

飛んで来たボールが複雑な回転で、

思ったところに

ファーストタッチ

止められなかったり、

 

なんてことになります。

 

 

逆に、これを知っておけば

 

ボールにいち早く反応できて、

相手より先にボールに触れたり

 

どんな複雑な回転をして飛んで来た

ボールでもファーストタッチ

思ったところに

止めることができます。

 

 

『見分けるためのたった一つの

見とくべきポイントは・・・』

 

f:id:hyugajiminori0731:20170205184313j:plain

 

自分の前にボールに触った選手を

意識して考えてみてください。

 

ボールが自分に飛んでくる前に

蹴った選手の足の振り方で決まります。

 

そしてその蹴った選手に対して

どこからボールが飛んでいってたか

まで観るとより予測が当たります。

 

そこまで観ることができれば、

ボールの回転は基本的に

観えるようになって来ます。

 

 

 

 

 

 

 

『体感することが習得の近道!?』

f:id:hyugajiminori0731:20170204202514j:plain

 

自分でボールを蹴るときに

感じてみましょう。

 

どんな足の振り方をしてボールを蹴ると、

どんなボールの回転がかかるのかを。

 

そして自分が感じたら、

他の選手がどんな振り方をしたら

どんな回転のボールが飛んでいるか

注意してみてみましょう。

 

 

 

 

最後まで読んでくださった

あなたに今すぐ

やってもらいたいことがあります。

 

 

自分の足を振って、その振り方だったら

どういう回転がかかるか

予想してみてください。

 

 

これを忘ればければ、

いち早くボールに反応でき、

ファーストタッチを思ったところに

止めれます。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

ボールが自分に届くまでに何人目の相手まで観えていますか?2人目まで観えるだけで選択肢が2倍に増えます。

こんにちは。

 

サッカーコーチしています。ノリです。

 

 

サッカーをしているときに

遠くを観ようとすることの

重要性を紹介します。

 

 

ファーストタッチ

一人目の相手の選手は交わせたけど、

二人目にすぐ奪われてしまうこと

多くないですか?

 

f:id:hyugajiminori0731:20170205150335j:plain

 

その原因の一つとして、

「遠くを観ようとすることが

できていないこと」

が挙げられます。

 

具体的に遠くとは、

僕は、30m先のことと

考えています。

 

サッカーコートでいうと

 

横の距離感で

サイドラインから中央のエリアまで

 

縦の距離感で

ハーフラインから、

ペナルティーエリアまで

 

というイメージです。

 

 

 

これを知らないと

どんなに思い通りの

ファーストタッチ

できても

 

ボールを奪いにくる二人目の

相手選手にボールを

奪われたりしてしまったり、

 

ボールを奪いに来ている

一人目の相手選手を

交わす選択肢しかなかったり、

 

自分の姿勢が

悪くなったり、

 

なんてことになります。

 

 

 

逆に遠くを観ようとするだけで、

 

思い通りのファーストタッチ

ボールを奪いにくる二人目の選手も

交わせるようになったり、

 

ボールを奪いにくる

一人目の選手は交わせそうだけど

二人目の選手に奪われてしまいそうだ

 

違う選択肢を持てたり、

 

姿勢が良くなったり

 

します。

 

 

 

 

 

 

 

 

『遠くを観ようとするために

何をしたら良いか?』

f:id:hyugajiminori0731:20170205161100j:plain

 

まずは、私生活の時から

何かを観ようとしたときに

手前のモノではなく、

その一つ奥を観るようにしましょう。

 

 

ぼんやり観える状態に慣れると

ぼんやりしてても、

相手がどう動こうとしているのか

 

感じながら

プレーできるようになります。

 

 

ただ、身の危険があるときには、

注意してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

『どうやったら、

一つ奥を観れるようになるか?』

 

f:id:hyugajiminori0731:20170205162937j:plain

 

まずは、

日頃から背筋を伸ばして、

姿勢をよくすること

意識してみましょう。

 

一日中それを意識するのが難しかったら

時間を決めて、それを意識するように

しても良いです。

 

やるときは徹底的に

意識するようにしてください。

 

 

 

ここまで読んでくださった

あなたに今すぐ

やってもらいたいことがあります。

 

 

今、視野の中にある一番遠くに

あるものを観てみてください。

手前はぼんやり観えましたか?

 

これで、

選択肢を多く持って

ファーストタッチができるように

なります。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

足の関節の柔軟性を知るだけで、思ったところにファーストタッチを止めれる回数は2倍になります.

こんにちは。

 

サッカーコーチしています。ノリです。

 

 

ファーストタッチの時の

足の角度の重要性について

紹介します。

 

 

サッカーをしているときに、

自分がファーストタッチ

 

止めようとイメージしていた

方向とは違う方向に

飛んでいってしまうこと

多くないですか?

 

f:id:hyugajiminori0731:20170205140103j:plain

 

その原因は、

自分の足がどのくらいの

角度まで広がるか

分かってないこと

 

と関係しています。

 

 

 

これを知らないでいると

どんなにファーストタッチ

練習をしても、

改善されなかったり、

 

逆に練習しすぎて

怪我に繋がったり、

 

 

自分のイメージ通りの

ファーストタッチ

止めれなかったり、

 

なんてことになります。

 

 

 

 

自分の足がどのくらいの角度まで

ひらくかわかれば、

 

多くの時間を費やして

ファーストタッチ

練習をしなくても、

ファーストタッチの改善ができたり、

 

身体に無理のない

ファーストタッチ

するようになって

怪我の確率を下げられたり、

 

自分の思い通りの

ファーストタッチ

止められるように

なります。

 

 

 

 

 

 

『自分のイメージした方向に

ファーストタッチができるようになるために』

f:id:hyugajiminori0731:20170205142139j:plain

 

転がってくるボールに対しての

足の角度を

調整できるようになりましょう。

 

最初はボールを使わないところから

始めることで、

基礎となる動作が身につくので

土台がしっかりしますよ。

 

また、

転がってくるボールの

回転やスピードに

よっても、

 

適切な足の角度というのは

変わってくるので、

気を付けましょう。

 

 

 

 

 

 

『どのようにすれば足の角度を

調整できるようになるか?』

f:id:hyugajiminori0731:20170205143212j:plain

まずは、ステップワークの

練習で足の角度を調整できるように

なりましょう。

 

ハシゴ状のラダーと呼ばれる道具を使ったり、

グランドに線を描いてそれに合わせて

足の角度を意識して

足を動かすことが重要になります。

 

 

 

 

 

ここまで読んでくださった

あなたに今すぐやってもらいたいことが

あります。

 

f:id:hyugajiminori0731:20170205143942j:plain

 

このように平らなところにかかとを

つけて、つま先がどこまで広がるか

試してみてください。

 

それがあなたの

足の柔軟性を示す

一つの材料です。

 

 

これを忘れなければ、

イメージ通りの方向に

ファーストタッチ

止められます。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。