いつ観るか、それがわかれば、ミスは1/2になります。

 

こんにちは。

 

サッカーコーチをしています。ノリです。

 

今回は観るタイミングについて

紹介していきたいと思います。

 

 

ボールを奪いに守備に来る相手のことを

観なければいけないことはわかっているんだけど、

観るタイミングがわからず、相手にボールを

奪われてしまうこと多くないですか?

 

 

 

それは、観るタイミング

を知っているかどうかと

関係しています。

 

f:id:hyugajiminori0731:20170205132511j:plain

 

 

これを知らないでいると、

ボールが自分の足元に来てから

相手を見ようとしてしまって

相手にボールを奪われたり、

 

 

自分にボールが来そうもないときに

相手を見ようとしてしまって

観ていることが無意味

なってしまったり、

 

観るタイミングがわからず、

相手を観れずに、ただただ

慌ててしまう。

 

なんてことになります。

 

 

 

 

 

観るタイミングを知れれば、

相手がどういう風に動きそうか

がわかったり、

 

相手の考えていることが

わかったり

 

それがわかることで

ミスが半分に減ります。

 

 

 

 

 

 

『どのタイミングで観るか?』

 

f:id:hyugajiminori0731:20170205133006j:plain

 

それは、自分にボールが向かって来ている

ボールの移動中に観ます。

 

ただ、ボールを止める

ファーストタッチの瞬間には

ボールを観ないと正確性が

落ちてしまうので気を付けましょう。

 

 

 

 

 

 

『では、どのようにしたら、

ベストな観るタイミングを

身に付けることができるか?』

f:id:hyugajiminori0731:20170205133843j:plain

 

どんなトレーニングを

していても、ボールが

自分に向かって来ているときは

 

「首を横に振ること」

を意識してみてください。

 

まずは動作を意識して、

そこから何が観えるか

というところを

考えてみましょう。

 

 

 

 

ここまで読んでくださった

あなたに今すぐやってもらいたいことが

あります。

 

 

首を横に振ってみてください。

左右の状況はどうなっていますか?

 

 

これを忘れなければ、

相手の動きが手を取るように

わかるようになります。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

方向を意識してファーストタッチするだけで相手に脅威を!

 

こんにちは。

 

サッカーコーチしています。ノリです。

 

 

攻撃方向を認識する

重要性を書きたいと

思います。

 

 

ボールを奪われたくなくて、

守備方向にファーストタッチ

することが多くないですか?

 

f:id:hyugajiminori0731:20170204222348j:plain

 

その原因は、攻撃方向に

ファーストタッチを置くことが

相手にとって脅威であることを

わかってないことが挙げられます。

 

 

これを分かっていないと

自分がミスしないことばかりに

気がいってしまって

 

ファーストタッチで相手を

バシバシ交わせない。

 

こういうことになります。

 

 

 

攻撃方向にファーストタッチ

止めることが相手にとって

脅威であることを認識すること

できれば、

 

相手にとって嫌な選手になること

間違いなしです。

 

そして、相手が嫌だと感じた

瞬間に普通の時より倍は

プレーがしやすくなります。

 

f:id:hyugajiminori0731:20170204223640j:plain

 

 

『攻撃方向を認識するためにはどうする?』

 

それは、身をもって感じてもらうことが

一番良いです。

 

自分が守備をしているときに

どうされた方が嫌だったか。

 

相手にとって嫌なプレーを

選んだ方がそれは効果的と

言えます。

 

ただ、そればかりになってしまって

相手に読まれて、

容易にボールを

奪われてしまうと、

 

カウンターを

喰らう可能性があることは

気をつけましょう。

f:id:hyugajiminori0731:20170204224850j:plain

 

 

ここまで読んでくださった

あなたに、今すぐやって

もらいたいことがあります。

 

 

自分の次に行くであろう

場所の方向に体を向けて

みてください。

 

 

攻撃方向を忘れなければ、

ファーストタッチ

相手に脅威を与えられる

ようになります。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

根性論ではなく、リスクヘッジで精神的優位に!

こんにちは。

 

サッカーコーチしています。ノリです。

 

今回は、相手が勢いよくボールを

奪いに来ても余裕を持てるようになる

重要性を書きます。

 

 

相手がボールを奪いにきて

寄せて来たとき、

慌ててしまうこと

多くないですか?

 

 

その原因は、

ボールを奪われたときの

イメージがないことと

関係があります。

 

 

f:id:hyugajiminori0731:20170204214627j:plain

 

 

頭では、ボールを奪いに来ている

相手選手にビビってはいけないと

思っていても、

 

実際、いざ試合をすると

奪われることが怖くて、

ボールを奪われないように

攻撃方向ではない

 

自分の守備方向にファーストタッチ

してしまう

 

なんてことになります。

 

 

 

奪われた後のイメージさえ持っておけば、

試合中にリスクを冒してでも、

前を向く姿勢を忘れずに

相手に脅威を与えられるのです。

 

f:id:hyugajiminori0731:20170204204909j:plain

 

 

『相手が勢いよくボールを奪いに

来ても余裕を持てるようになるためには?』

 

ボールが自分に向かっている

移動中に相手の状態を

観ておけば良いのです。

 

 

分かっていれば怖がることは

なくて、それに合わせて、

ファーストタッチを決めれば

良いのです。

 

ただ、よくありがちなのが

最後ファーストタッチするときに

 

ボールを観ないと、

ボールは通り過ぎてしまうので

気をつけてください。

 

f:id:hyugajiminori0731:20170204164528j:plain

 

 

ここまで、読んでくださった

あなたに、今すぐやってもらいたいことが

あります。

 

 

近くにいる人の

動きや表情を

観てみましょう。

 

 

これを忘れなければ、

勢いよくボールを奪いにきた

相手もファーストタッチ

バシバシ交わせます。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファーストタッチをする前にそもそもどこに立つかで、成功率は倍!

こんにちは。

 

サッカーコーチのノリです。

 

 

今回はポジショニングの重要性について

紹介していきたいと思います。

 

 

ボールを奪いにきている相手に

ファーストタッチを狙われて

相手にぶつかってしまうこと

多くないですか?

f:id:hyugajiminori0731:20170204204913j:plain

 

 

その原因は、相手のことを見える

ポジショニングを取れていないことと

関係しています。

 

もちろん、守備側も

ファーストタッチというのは

奪いやすいポイントですし

狙ってきます。

 

自分が守備しても狙うと思います。

 

 

 

 

これを知らないでいると

相手のことは見えても

奪われてしまう。

 

 

なんてことになります。

 

f:id:hyugajiminori0731:20170204204909j:plain

 

ポジショニングのことを

知れば、今までは奪われることが多かった

ファーストタッチ

奪われるどころか、

 

相手をバシバシ交わせるようになれるのです。

 

 

 

 

 

 

『どこに立つかで決まる?』

 

11人のスポーツであるから、

全員の配置が大事だが

そんな中でも、

 

個人で考えると

自分の近くにいる、相手が見えて

なおかつ、ボールを取りに来ても

届かない位置に立ちましょう。

 

 

ただ、相手は一人ではないので

近くにいる相手から離れようと

した時に、

 

他の敵チームの

選手がいることがあることを

気をつけましょう。

 

 

f:id:hyugajiminori0731:20170204212158j:plain

『その立つ位置の基準』

どのようにしたら、

そのポジショニングの

位置を決められるか?

 

基本的に試合中は

ボールを目で追ってしまいがちです。

 

その時間を自分の立ち位置を把握

するためにピッチ全体を

見るようにしましょう。

 

 

ここまで読んでくださった

あなたに今すぐやってもらいたいことが

あります。

 

f:id:hyugajiminori0731:20170204164156j:plain

 

今いる場所の自分の位置関係を

認識してみてください。

 

 

これを意識できたら

ファーストタッチ

相手をバシバシ交わせるよう

になります。

 

 

 

最後まで読んでいただき

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

バウンドボールを止めれるようになりたかったら、まずは身体の動きを調整できるようになってから!

 

こんにちは。

 

バウンドして転がって来た

ボールを止める時に必要な

足の高さを調整について

紹介していきます

 

 

サッカーコーチのノリです。

 

サッカーをしていて

バウンドして転がって来た

ボールを止める

 

ファーストタッチをしようとした時に、

高さを合わせようとした足の下を

通り抜けてしまった。

 

経験されたことはありませんか?

 

f:id:hyugajiminori0731:20170204175219j:plain

その原因は自分の頭の中でイメージ

している身体の動きと

実際の動きが違っている

関係があります。

 

 

これを知らないと、

いろんなボールに対応できるように

自分で練習しても

 

バウンドしてきたボールを

思ったところに止められない。

 

なんてことになります。

 

身体をイメージに近い動きができれば、

ファーストタッチで足の下を

通り抜けることはなくなり、

 

バウンドしてきたボールでも、

ファーストタッチ

思うようなところに

止められるようになります。

 

f:id:hyugajiminori0731:20170204180225j:plain

 

 

 

『ボールを止める時に必要な

足の高さを調整』

 

 

足の高さを調整するのに重要なのは

自分のイメージと動きの擦り合わせです。

 

 

そのイメージを擦り合わせないことには、

いくら、バウンドしてきたボールを止める

練習をしても、おそらく試合では使えない

ファーストタッチになってしまうでしょう。

 

 

 

ボールを扱うことだけに

意識する時間を割いてしまっていたら

気をつけましょう。

 

 

 f:id:hyugajiminori0731:20170204202520j:plain

 

 

 

『どうやる?』

 

 

ボールを扱う以外のところで

毎日の生活の中で

自分の動きのイメージができるところを

イメージして、

 

それが実際の自分の動きとの誤差があるを

感じて、試していくことをしていくことが

必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで、読んでくださったあなたに

やってもらいたいことがあります。

 

 

 

今から自分の足を何センチあげるか

イメージして、上げてみてください。

 

 

自分のイメージの動きと

実際の動きの誤差を

減らせれば

減らせただけ

 

ファーストタッチが思ったところに

止めることができるようになります。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

ファーストタッチを言う前にまず、ボールの速度をわかってから。

こんにちは!

 

サッカーコーチしています。ノリです。

 

今回はボールの速度を把握する力

について説明したいと思います。

 

 

 

 f:id:hyugajiminori0731:20170204164249j:plain

 

強いパスが飛んできて、

ボールを捉えきれず、

ファーストタッチ

自分の足元に収まりきらなかった。

 

 

そんな経験ありませんか?

 

 

それは、ボールの速度を認識する力が

関係しています。

 

 

 

 

 

これを知らないでいると

自主練でとにかく練習しているけど、

ボールが思ったところに止められない。

 

 

なんてことになりますよ。

 

 

 

f:id:hyugajiminori0731:20170204163702j:plain

 

 

 

 ボールの速度を認識する力をつければ

ボールに対する柔らかさが作れて

 

 

強いパスが来ても、

思ったところに

ファーストタッチ

置けるようになります。

 

 

 

 

ボールを使わなくても、

ボールの速度を認識する力は

身につけるために

 

まず

 

自分の頭の中で二極化して

メーターを作ります。

 

 

遅いが0%

速いが100%

 

 

ファーストタッチが思ったところに

置けない原因の一つとして、

速いと気付く前にボールが

到達してしまうことがあります。

 

f:id:hyugajiminori0731:20170204164156j:plain

 

 

どうやったらできるか?

 

 

私生活のところから、

動くものを二極化して見るように

意識しましょう。

 

 

全部が全部やろうとすると

疲れてしまうので、

午前中だけと時間を設定するも良いです。

 

 

ただ、それだけにとどめてしまっては

勿体無いので、その癖をつけていって

自然とトレーニングの途中にも

その二極化を意識するようにしましょう。

 

 

 

 

 

f:id:hyugajiminori0731:20170204164617j:plain

 

 

ここまで読んでくださったあなたに

今すぐやってもらいたいことが

あります。

 

 

 

何か動くものがあったら

それの動きとして

速いのか

遅いのか

 

を頭の中で整理してみてください。

 

0なのか

100なのか。

 

これがわかるようになっていけば

試合中の

ボールの速度を認識する力が

身につきます。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己紹介!

初めまして!

サッカーのファーストタッチに特化して

コーチしています。

のりです。

 

あなたは、サッカーをしている時に、

ファーストタッチでボールを

奪われることが多くないですか?

 

 

実は、私も4年前まではそうでした。

 

 

ファーストタッチのミスで

ボールを奪われることが多いため

ボールを受けるのが怖くなり、

いつのまにか、

 

「ボールくるな!」

 

と心の中で叫んでいる

自分がいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、トレーニングの時も、、、

 

ミスが多いため仲間に責められることも多く、

二人組で行うトレーニングの時も、

組んでくれる相手が出てこなく、

一人余ってしまうことが多くありました。

 

 

この誰にも相手にされないような環境。

誰も私のことを認めてくれない目線。

 

この孤独は本当に辛かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校に入ってからそういう日々が続いていました。

 

県内では上位に入って

当たり前という高校に入ったというのもあり、

周りは技術的にはレベルが高く、

自分のところでミスが出て、

 

プレーが切れる。

周りの目も気になる。

ボールから逃げる。

いいプレーがでない。

 

そして試合に出れない。

 

こんな悪循環に陥っていました。

 

 

 

大好きで始めたはずのサッカー

生活の中で一番のストレスになり、

悔しくて、サッカーが嫌いになりそうで、

泣くこともありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その状況を打破するべく、

自主練でボールを壁に当てて、

その跳ね返ってきた

ボールを止める練習をしたり

 

チームメイトにボールを蹴ってもらって

ファーストタッチの練習を

したりもしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半年経ったくらいの時に、

自主練でも上手くいってなかった

ファーストタッチが自主練では

きちっと止まるようになってきました

 

 

多少の手応えを感じながら、

チームの全体練習でも

それが発揮できると思っていました。

しかし、

チーム練習では全然上手くいかず、

「こんなにやってもダメか、、、」

そんな感覚でした。

 

 

でもまだ高校入って、

半年だし粘り強くやっていかなければと

その時は前向きに

取り組んでいこうという思いでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそれを

とにかく繰り返し、、、

約一年間続けました。

 

 

そんな私の姿勢を見て、

出場機会を与えてもらえることもありました。

 

しかし、この1年間磨いて来たはずの

ファーストタッチは思うような位置に

止まることはありませんでした。

 

1年間かけて習得を目指して

積み上げてきたことが

簡単に崩れていきました。

 

 

「こんなんじゃ、

一生良くならないんじゃないか?」

 

 

多少の変化はあったものの、

ミスは劇的に減ることもなく、

不安と焦りとで

本当に腐りかけていました。

 

 

 

この時は前向きなんていうことは一切なく

ただただ、毎日の練習にめんどくさいと思いながら

行って、終わってというサイクルの繰り返しでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、高校2年に上がる前くらいの頃

私は、チームの中に

3つあるチームの一番下に

落とされてしまいました。

 

その時に初めて指導を受けたコーチがふと言った

ファーストタッチの方法が

僕のファーストタッチを変えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は地道に一年間

ファーストタッチのトレーニングを

続けても成果が出なかったのにもかかわらず

 

なんと

そのファーストタッチが1ヶ月で

みるみるうちに良くなり、

思うような位置にボールが

止まりだしました。

 

それを意識しだして、

上手く止まりだしたものの

 

 

 

 

1年間やってきているのに

 すぐできるようになるわけがない」

 

 

そのように

最初は一過性のものだと

思っていました。

 

それにそのファーストタッチ改善をするために

意識したことは誰でも出来ることではあるものの、

毎日その意識をし続ける大変さももちろんありました。

 

 

  でも、約1年間ひたすら繰り返して

上手くいかなかった私には、

手段を選んでいる余裕もないし、、、

 

 

 とにかく可能性のあるものは

やってみようという感覚でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが蓋を開けてみると

ファーストタッチが洗練されていくのを

身をもって体感していくことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに

相手が来てもいとも簡単に

ファーストタッチ

交わせるようになっていきました。

 

そこまでいくと

ボールが来ても怖くないし、

ボールを要求できるくらいにまで

なりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どうせ、あなただからできたんでしょ?」

 

そう思われる方も

いらっしゃるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、こんな出会いが

みんなに当てはまることなんだ

と気づかせてくれました。

 

 

高校3年の時に僕と同じように

ファーストタッチが思うように止まらず苦しんでいる、

1年生の後輩がいました。

サッカーが楽しくなさそうに見えました。

 

 

かつての自分に近いものを感じました。

こうなったら、黙ってはいられませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーチに教わったやり方を

伝授したところ、、、

 

明らかにその後輩もミスが減っていて、

ファーストタッチで相手を交わすシーンが

多く見られるようになりました。

 

 

 

後輩は楽しそうにサッカーを

してくれるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人に伝えることができて

それが少しでもその人の為になることって

こんなに嬉しいんだ。。。

 

そう感じました。

 

 

この後輩だけではありません。

 

 

少しでもファーストタッチ

不安を抱えている後輩を

見つけては伝えることを

しました。

 

みんなから、

「だいぶいい感覚になって来ました」

とか

「自信持ってボール呼び込めるように

なりました」

 

このように話してもらえました。

正直、自信を持つことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで少しでも同じようなことで

悩んでる人の役に立ちたい。

そう思うようになりました。

 

 

そこで私は、

コーチに教わったやり方と

オリジナリティをプラスαしたものを

ノウハウ化しました。

 

 

 

 

これを実践することができれば、

あなたもファーストタッチが思うように

操ることができます。

 

 

もうファーストタッチで悩むのはおわりにしましょう。

 

 

 

次はあなたの番です。